LITTLE THINGS

ltishere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

LAUNCH

e0110741_23175797.jpg

夕方、スタイリストの本間くんの新しいライン『BROWN』の展示に行きました。東京のカッコいい奴らが登場していました。今回は、ベルギーの光沢のあるリネンの糸を使用して、素材からつくっていました。ただ、リネンの糸が、肌にふれる内側にくると固い感じになるので、内側には、綿がくるようにおったそうです。外に発信するプリントなどではなく、着心地にこだわった感じでした。それでも、そのTシャツやには、絶妙なカラーでストライプのプリントがしてあります。本間くんが、『良い素材を使うと、自分がそんなに手を動かさなくていいですよ。料理をつくる人が、素材がいいとシンプルに料理をする感じが、ちょっとだけわかりました。』と話してくれました。全然、話は違いますが、数年前は、外側にこだわったサーフボードに興味がありましたが、今はありません。クリアのサンデイング止めで、乗った感じが、自分にあうほうが、ハッピーです。もしかしたら、ちょっとだけ、そんな感じなのかもしれません。彼の話を聞いていると、自分には似合わないのは、分かっているのですが、それに袖をとおしてみたくなりました。いつも、穏やかでGENTLEな彼です。僕は、彼が白ワインを飲んでいたグラスのプロポーションがちょっと、気になりました。お店は、9月3日(水)まで、お休みだったと思います。
The Fhont Shop 目黒区東山2-5-7 Phone : 03-5724-7232

by ltishere | 2008-08-31 23:55
2008年 08月 30日

Ron Romanosky

e0110741_23232643.jpg

OZ SURFBOARDSの高橋名人のコウバにお客さんの修理があがったボードをとりに行きました。修理は、いつも通りパーフェクトです。ラックにのっていた5フィートほどのボードを発見しました。名人に見せていただくと、またまた、KNEE BOARDです。名人シェイプのボートでは、ありませんでした。僕には、ジョージ・グリノーのスプーン・タイプのボードに感じましたが、そこには、ROMANOSKYとRomanosky Conceptというデイケールが、ありました。もし、それが、ロン・ロマノスキーなら、彼は60年代後半からのニーボード・シェイパー&ニーボーダーで、なおかつ、写真も文章も、やる人で、米国のサーフィン雑誌に寄稿していたはずです。80年代でしたが、裸の彼が股間の部分に葉っぱをのせ、笑顔で横たわっている後ろに、数本のボードがたっている写真を憶えていいます。ボードには、SPEEDのロゴがありました。たぶん、この写真のボードは、フォームがなく、グラスファイバーだけで、できていると思います。ボトムからテールにかけて非常に薄く、リーシュカップをうめることができないので、2つ穴を開け、ひもをとおして、その代わりにしています。ボトムは、手のひらが、透けて見えるほどです。膝の部分には、ゴム製のパッチがはってあります。フィンは、もちろんフレックスするシングルフィンです。この工場は、いつ、伺ってもPUNKなボードのオンパレードです。HAPPY SURFING !!

by ltishere | 2008-08-30 23:48
2008年 08月 28日

NO-CHAN

e0110741_754223.jpg

先月、僕は、在庫でもっていたバードウェル社のサーフトランクスをSALEでプチ放出する案内を、メールで皆さんに送信しました。メールをしない先輩のノボルさんには、送りませんでしたが、彼から、『32と31を送って!どっちか買うから!』と電話がありました。今日、そのうちの1枚が、封筒といっしょに返送されてきました。確認のため、彼に電話をすると、『細かいと面倒くさいので、それでいいよ』と言いました。ノボルさんとは、バリでもサーフしたし、僕をはじめて、大崎に連れって行ってくれたのも彼です。ロータイドのスリランカ・ポイントで僕が、背中をちょっと怪我した時に、ノボルさん持参の赤チンと良く効くという不思議な白い粉をぬってもらい、回復したのを憶えています。福島にもたびたび、いっしょに行きました。小名浜のちょっと北にあった照島というポイントで、胸〜肩サイズのいい波を二人だけでやったこともあります。その後、江名という小さい漁港にあるラーメンもだしてくれる寿司屋で、二人で飲みました。ノボルさんは、今でもバリ島にかよっていて、現地で、闘鶏用のニワトリを所有していたこともあります。何年も会っていませんが、たまにかかってくる”ぶっきらぼう”な電話がいい感じです。山梨信用金庫の封筒がぐっときます。

by ltishere | 2008-08-28 23:42
2008年 08月 27日

FIGMENT N.Y.

e0110741_23404154.jpg

昨日、『FIGMENT N.Y. SKATEBORDERS』というタイトルの神戸の二十歳の大学生の写真展に行きました。ポラロイド写真を、一度、スキャンし、それを拡大した展示は、その方法が、オモシロかったです。大型のモノクロ写真は、大きな1枚ではなく、小さく手焼きしたプリントをつないで、1枚の大きな作品していました。僕は、何となくそれが、かっこ良くて好きでした。シンプルですが、パンチがありました。"FIGMENT"は、『えそらごと』という意味だとその彼が話してくれました。僕も、帰宅後、辞書を引いてみると、作り話と出ていました。タイトルに反して、写真って、いいと思います。本当だから。その時、そこにいないとできない事です。展示は終了しましたが、この写真から、何か感じてもらえたら、いいかなと思います。

by ltishere | 2008-08-27 23:58
2008年 08月 26日

WALL

e0110741_7562794.jpg

友好祭の帰り道、WALL SURFによりました。WALLは、僕の先輩のお店で、時々、僕たちのTシャツもおいてあります。今夏のお店のオリジナルTシャツのデザインとプリントもやらせてもらいました。オーナーのシンチャンこと河辺さんとは、バリや種子島でもサーフしました。だいぶ前ですが、正月に作田ポイントで車上荒らしにあった時も二人でした。彼の店には、時代の最先端のショートボードが常に20本ほど並んでいます。この日もリー・ステイシーの5'9"を見せてくれました。また、1930年代のハリウッドの映画館の3人かけの木製のイスがあって、そこで、みんな、くつろいでいます。写真は、河辺さんのお店の壁にあったポスターです。JOEYラモーンが、印象的です。量販店には、感じられない、イイ意味で、オールドスクールな雰囲気です。足をはこんでみてください。HEY HO LET'S GO !

東京都立川市曙町1-12-19 PHONE:042-521-3838
14時〜22時 (日曜、祝日は、15時から、たぶん)

by ltishere | 2008-08-26 00:10
2008年 08月 25日

Youkoh-sai

e0110741_10174052.jpg

横田基地の友好祭に行ってきました。いつもは、スゴく暑くて、展示してある飛行機の羽がつくる日陰に逃げ込むのですが、今年は、冷たい雨でした。それでも、基地の中のいろいろな部署や小学校、チアリーダーのクラブなどが模擬店をだしていて、そこでは、Tシャツやハンバーガー、チリドック、タコライス、ホームメイドのケーキやアップルパイなどが売られています。行列ができている美味しそうな店ではなく、見向きもされないところで、アメリカンドッグを買い、ミラーといっしょに、模擬店の軒下で、食べました。食べ終わるとその棒に文字を発見し、一瞬、当たった気分になりました。小学生の時に、立川基地の中で、チェリーコークを飲んだ時の衝撃は、ありませんが、雨でずぶぬれになっても、友好際は、楽しいです。そこには、ソニープラザにはない、本当のアメリカの一部があるからだと思います。

by ltishere | 2008-08-25 11:26
2008年 08月 21日

ARAI-CHAN

e0110741_17177.jpg

今夜、元町にあるサーフ&スケートのお店、ヘミスフェアー・ストアに行きました。ヘミスの新井さんは、僕たちのTシャツを大切に、紹介してくれています。いつもは、スケーターやサーファーが、たまっていますが、今日は、静かでした。その分、新井さんとも、僕たちの近況やヘミスフェアーのTシャツの事など、ゆっくり話ができました。その中でも、日本人スケーターの中で、誰が、フォトジェニックで、その人の手の動きのすばらしさや、サーフスケーターズは、怖そうだけど、みんな、メローでいい感じなことなど、茅ヶ崎の彼ならではの話は、メデイアのそれと違って、好きです。僕が、今月末に開催されるSURFSKATERSの大会に興味があることを話すと、すかさず、彼の友人が、つくっている『THE SURFSKATERS』のDVDを、かしてくれました。気どった感じがなく、自分の回りで起きていることを、たんたんと映像に残している雰囲気でした。ヘミスフェアーも、明日から、学校がはじまるので、キッズたちで、にぎやかになるそうです。居心地が、いいので、ついつい長居してしまいます。

by ltishere | 2008-08-21 01:33
2008年 08月 19日

BROWN-HAKUSHAKU

e0110741_9464464.jpg

今年の冬、スタイリストの本間くんから、メールがとどきました。ブラウン伯爵というタイトルの短編小説でした。僕は、それをプリントアウトして、読みました。そして、引き込まれました。なんで、ブラウン伯爵なのか、本間くんにたずねると、『茶色の服のラインを新しくやろかなー』っと話していました。ちょっと前に、『展示会の案内を送りますね』と言ってくれました。数日前に、郵便受けに彼からの小さめの茶封筒が、ありました。それを、あけた瞬間、ちょっと、顔面パンチされた感じでした。中には、ブラウン伯爵の文庫本が、入っていました。これが、彼の展示会の案内であり、この小説が、彼もしくは、彼のブランドからのメッセージというか、立ち位置のような気がしました。なかを見ると、2月のメールに加筆してありました。そして、あとがきで、こう書いています。一部引用させていただきます。”本来の洋服が持つ情報とはロゴでも柄でもなく、糸が持つ情報でありそれは着心地という結論にたどり着きます。(もしくはそこから始まる)”難しいことは、よくわかりませんが、そうかもしれません。興味ある方は、彼の店にいってみてください。
http://www.2-tacs.com

by ltishere | 2008-08-19 10:38
2008年 08月 18日

YSIG

e0110741_14164821.jpg

YOUR SONG IS GOODを知ったのは、4月のホットファッジツアー#2のときです。僕たちが展示をしたギャラリーの2階が、レコードレーベールの事務所で、彼らは、そこに所属していました。凄く存在感がある人が、展示をみていたので、話しかけました。その人が、YSIGのリーダーのサイトウさんです。昨日は、彼らのライブにいきました。会場の海岸に行くと、サイトウさんも、いて、ちょっと、言葉をかわしました。ビールを飲みながらのライブは、リラックスできて、OKAYです。音楽のことは、詳しくないので、あくまでも、僕的には、80年代前半の2TONEを思わせる曲や思いっきりパンクなのもあって、最高でした。ギターの二人は、ダイブしていたし、オルガン担当のリーダーは、最後、それをかついで、プレイしていました。全員、かけひきなしに、かっこ良かった。僕は、昔、『夢は何?』って聞かれた時に、サーフィンの映画をつくることって、冗談で、答えたことがあります。今は、冗談でもそんなリスキーなこと思いませんが、万が一、そんなことになったら、僕は、彼らに、楽曲の提供をお願いするでしょう。誰か、本当に、そうすれば、いいのにと強く、思いました。
http://www.kabubarhythm.com

by ltishere | 2008-08-18 15:08
2008年 08月 15日

8/15

e0110741_23514190.jpg

僕は、子供の頃、絵を習いに行かせてもらっていました。自分で、いい感じにできたと思うと、たいてい、悪い評価で、ダメじゃんと思うと、いい評価でした。たまに、遅刻をすると、子供の教室が満員で、隣の油絵の教室で大学生や高校生にまじって、クレパスで、かくのが、楽しみでした。ただ、なぜ、地味な魚や熟れた柿をかくのか、理解できませんでした。当時、親父に『絵描きになろうかな...』と言ったら、彼が、『食えないから、やめろ。』と言ったのを憶えています。あと、たしか、東京都知事選に野坂昭如氏が、立候補したことが、ありました。僕は、親父に誰に投票したのか、たずねると、彼は答えませんでした。しつこく、聞くと、野坂氏に入れたと、聞いた時には、やばいなこの人と思いました。M*A*S*Hは、日本の終戦から、5年後に朝鮮半島でおきた戦争を題材にしています。この映画の始まりが、ちょっと切ない曲だったのと、主人公の中に綺麗なガールがいたことだけ記憶にあります。なぜか、親父のことを思い出しつつ、マッシュです。PEACE !

by ltishere | 2008-08-15 00:40