LITTLE THINGS

ltishere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

T-BOYZ

e0110741_23245898.jpg

先日、鳥居クンから地元の地図をモチーフにしたオリジナル・Tシャツをつくりたいという依頼をいただきました。今日は、二回目の打ち合わせです。僕が書いた地図に鳥居クンたちが、思いがあるお店などを、二人でかきたしていきました。例えば、焼きそばパンが、最高だったタケウチパンや補導されるとつれていかれる3丁目交番、みんながかよったゲームセンターなど、いろいろでてきました。彼の話を聞きながら、かき込みを進めていくうちに彼らの地元へのLOVEな感じが、伝わってきました。そして、デザインの方向性を決めて、帰った彼から、30分後に電話がありました。地元の友達に他にのせるところはないか、確認したところ、#1ギタリストのご実家のクリニックは、入れるべきだとなったようです。ローカルにしか、わからないことってイイです。Who's hot ? T-Boyz are hot !!

by ltishere | 2007-09-30 23:50
2007年 09月 23日

ZINE

e0110741_14404031.jpg

HOT FUDGEのジン第一号が、完成です。ジンは、ひらたく言うと、コピー・マガジンです。自分が、載せたい絵や写真などなど、コピーにとって、紙にはり付けて、また、コピーをとれば、できあがりです。先日、あるところに、僕たちのTシャツのプレゼンテーションに行きました。Tシャツのことは、気に入ってもらえたのですが、『紙媒体で、何か見せてほしい』と27〜8年ぶりに宿題をだされました。この宿題、何点、もらえるか楽しみです。ジンをつくっていると、コピーマシンもいろいろな機種に出会います。粉のトナー、液体トナー、レザーなど様々です。僕は、セブンイレブンにある富士ゼロックス社製(たぶん)が、気にいっています。わがままを言えば、3〜4年前に設置してあった機種のインクののりかたが、好きでした。学校を卒業して、アルバイトをしていた時は、コピーをとることを、『ゼロックスとって!』と言う人も、まだまだいました。DO NOT XEROX !

by ltishere | 2007-09-23 15:10
2007年 09月 18日

SHA-TEKI

e0110741_15462241.jpg

『秋の工作展、輪ゴムの射的店』に行ってきました。この展覧会、本当に射的ができるんです。まずは、銃、選びです。参加しているアーティストやイラストレーターの方々がつくられた銃の中から好きなものを選びます。子供の頃、つくった割ばしタイプやバズーカーのように大きいもの、マジックの空き箱からできたものなど様々です。僕はちょっとワルサーぽいミック板谷氏のものを使いました。景品も彼ら作のユニークなものが並んでいます。ちょうど、近所の大正生まれのおばあちゃんといっしょになりました。彼女は、割ばしタイプの銃を使用。そして、それがぶれないように左手で右手首を固定してトライしていました。さすがです。空耳アワーの安斎肇氏のカードを落としていました。僕はねらった景品(作品)を、みごと2点、落とすことができました。そのスゴくステキな景品/作品(本当なんです!)は、たぶん、ホット・オレンヂのブログにアップされていると思います。どうぞ、チェックしてください。
http://web.mac.com/ilovehotorange/
http://www.lapnet.jp/

by ltishere | 2007-09-18 15:05
2007年 09月 17日

FANTASTIC PLASTiC MACHINE

e0110741_23574655.jpg

ファンタスティック・プラスティック・マシンは、1960年代後半に、20世紀フォックス映画が、アメリカ対オーストラリアのサーフィンの対抗戦をメインに撮ろうとした作品です。実際、対抗戦のシーンは、でてきますが、最終的には、当時のオージー・サーファーのライフスタイルやショートボードへの革命が、注目される作品となりました。この中に登場するナット・ヤングのサーフィンは、すばらしいと思います。たぶん、予算や機材の充実により、インディーズのサーフムービーよりもちょっと洒落た感じに、できあがっているんだと思います。ミュージシャンのFantastic Plastic Machineも、この映画のタイトルから命名したんだと思います。サーフボートって本当にファンタスティックでプラスティックなマシンなんです。この作品は、日本では入手困難で、一食ぬいていも、ゲットできません。

by ltishere | 2007-09-17 00:30
2007年 09月 16日

SUNNY

e0110741_23541479.jpg

先週、下田で、何となく沼津ナンバーのサニーのトラックが気になりました。ローカルサーファーがそれに乗って、波をチェックしにきたり、国道から大浜ポイントに入る交差点にあるスーパーマックスの前に止まっていたり、何度か目撃しました。サニー・トラックを見ると、SUNNYを思い出します。SUNNYは、おかっぱ頭のバリ島のレンタカー屋で、17、8年前にお世話になっていました。本当の名前は知りませんが、チャイニーズ系の彼で、年に一回しか行かないの、必ず、空港で会いました....約束もしていないのに。忘れているかなっと思うと、『元気、クルマは?、どこ泊まっている?、クルマあるよ!』って握手して、彼から借りることになっていました。一度だけ、彼から、借金の申し出があり、かしたことがあります。僕の先輩が、『サニーは、せこいまね、しないから、大丈夫だよ』って話していたのが、記憶にあったので、そうしました。僕がジムニーを返すときに、彼も返してくれました。今でも、ロイヤルブルーに金色の文字の彼の名刺はもっています。ちょっと、とぼけたデザインのそれには、簡単なアドレスと”Sunny"とかいてあるだけです。

by ltishere | 2007-09-16 00:53
2007年 09月 12日

RING

e0110741_12484158.jpg

HOT ORANGEの『LOVE』のリングは、ガールズだけではなく、ボーイズにも、何故か人気です。ホットのアクセサリーやバッグは、グラフィカルで、ふざけているのに、ちょっと品があるのかもしれません。このリング、サイズはフリーで誰にでもあうようにできているので、男子でも、全然いけちゃいます。ホットオレンジのホームページから、コンタクトできるので、興味あるかたは、チェックしてみてください。また、ホットのブログを”お気に入り”に入れていただいた方は、アップルストアのジニアスがちょっとアドレスをいじったので、入れ直してください。よろしくお願いします。

http://web.mac.com/ilovehotorange/

by ltishere | 2007-09-12 13:31
2007年 09月 09日

STRAWBERRY

e0110741_2275719.jpg

小学校3年から高2くらいまでは、映画をよく見ました。見たと言っても、ほとんどテレビの洋画劇場です。いちご白書は、2回、観たと思います。詳しい内容はおぼえていませんが、単純にこの映画に憧れたことは、憶えています。ジョニー・ミッチェルのサークルゲームという曲が、いい感じで、主人公のBOYとGIRLが、スーパーマーケットに買い出しに行くシーンが、好きでした。高校の卒業文集に『いちご白書へのあこがれ』というタイトルで、ほとんど、話したことのない女の子が、書いていたのをみて、彼女ともっと、話してみれば、よかったなーなんて思ったこともありました。昔の雑誌とか本は、ほとんど捨ててしまいましたが、この文庫本は、大きなイチゴのデザインが、気にいっていたので、とっておきました。今、みてもカッコいいっでしょ!この映画のDVDは、リリースされていないようです。復刻を希望しすが、たぶん無理なので、誰かVHSをもっている人がいましたら、教えてください。

by ltishere | 2007-09-09 22:51
2007年 09月 06日

FOUR FINS 

e0110741_22445437.jpg

4枚、フィンがついているサーフボート(クワッド)が人気です。バースサーフの久保田くんが、その印象を『フィンが4つついているので、トップでもボトムでも、レールをたててターンしないと、自分が思っている方向に板をもっていけないので、いい練習になります』って話してくれました。僕も、この前、渡辺くんのクワッドにのらせてもらいましたが、同じ印象でした。久保田くんは、レールをたてられますが、僕には、その技術はありませんので、思ったラインより大回りする感じでした。でも、ボードって『自分にあっているかどうか』というジャッジの仕方もありますが、そのボードにどれだけ、『自分をアジャストしていくか』というつきあい方もあると思います。COOPERFISHというボードが、はじめて、オクサナードから、とどいた時のことです。のってみて、第一印象は、『とんでもない板、仕入れちゃったな』っていうのが、正直な感想でした。その後、あまり、その板には、のらなかったのですが、ある日、久しぶりにのったら、スゴく調子よくて、『申し分けない』気持ちになったことがあります。写真は、5'6"(168cm弱)の極端に短い板です。BATMANテールがいい感じです。これも、アジャストするタイプだと思います。SATYA!

by ltishere | 2007-09-06 23:41
2007年 09月 04日

MAGOME-TEAM

e0110741_037228.jpg

渡辺くんは、ストレンジャーな彼です。いつも、誰が削ったかわからないボードにのっています。それは、ちょっと通な人ならわかるってわけでは、ありません。キャロルって板にも、のっていました。誰も知らないでしょ!!本人もわかってないようです。最近も、ストレンジなクワッド(フィンが4枚ついているボード)でENJOYしています。久しぶりに、いっしょにサーフしました。彼のJADEグリーンのTOYOTAのピックアップトラックのリアウインドーには、ストレンジなステッカーにまじって、Hot Orangeのものも、ちょっと、まがって、はってあります。それ以外に、僕がわかったのは、70年代後半〜80年代に人気があったシェイパー、ビル・バーンフィールのハレイワのお店のものだけです。以前、僕の店で1983年頃のビルの板を彼が買って、のっていたのを覚えています。もしかしたら、20年以上も前の板で、本気で過去を検証しようと思ったのかもしれません。

by ltishere | 2007-09-04 00:58
2007年 09月 02日

THE FHONT SHOP

e0110741_11341376.jpg

スタイリストで2-tacs代表の本間くんのお店のオープニング・パーティに、行ってきました。彼の仕事仲間のおしゃれなBOYS&GIRLSといっしょに、たぶん、彼のご両親もいらっしゃていて、いい感じでした。ボトルとしっくいでできた手作りの壁やキュートなタイルでできたカウンター、真っ白なCASIOのキャシャーなどなど、素敵なお店の中には、1点ものの洋服やオブジェが並んでいます。また、奥のドアをあけると、2軒となりのナチュラル・カラミティの森さんがオーナーのカフェにつながっていて、不思議な空間です。本間くんは、ミュージシャンのベン・ハーパーが、ある撮影の時に、”本間くんにスタイリングしてほしい”と逆指名されてしまう人物です。彼自身もお店に立つそうです。彼に会いに行ってみてください、彼らの服がほしくなると思います。奥のドアで、かくれているパンツが、カッコいいです。こういう席に親父さんやお袋さんが、いるのって、かなり好きです。

東京都目黒区東山2-5-7 PHONE 03-5724-7232
www.2-tacs.com

by ltishere | 2007-09-02 12:28